TOP > 学園の理念 > 学園綱領 人間たれ

2019-06-01

【即納】アモンデ<AMONDE>の「アモンデ師匠のラストピース、5点コレクション」 蔵出し品・今後入手不可能品・収集家向け・法人向け・税金対策としても有効・絵画サイズ75x50cm額縁サイズ90x70cm アフリカをイメージした特注品の額縁入り縁カラー:バオバオ・ツリー調ティンガティンガの巨匠、オマリー・アモンデの作品です。ティンガティンガ絵画の始祖、E.S.Tinga Tinga氏の最後のお弟子さんとして知られ、始祖と活動を共にしてティンガティンガ文化の屋台骨を築いた、カリスマ的な画家さんです。日本ではジミー大西の師匠として有名になりました。
ストーリー:アモンデ師匠最期の作品(ラストピース)




ティンガティンガの巨匠、オマリー・アモンデの作品です。ティンガティンガ絵画の始祖、E.S.Tinga Tinga氏の最後のお弟子さんとして知られ、始祖と活動を共にしてティンガティンガ文化の屋台骨を築いた、カリスマ的な画家さんです。日本ではジミー大西の師匠として有名になりました。

アモンデ氏は、2015年2月18日に死去されました。2014に体調を崩されて、2014年後半は活動を休止されていたのですが、11月くらいから、回復されて少しずつ活動を再開されていました。

偶然なのですが、店長はちょうどその頃タンザニアにいました。2015年1月にティンガティンガ組合を訪れたときに、アモンデ師匠の体調が回復していると聞いたので、謹んで絵画を5枚オーダーしました。(ちょっと多かったのですが、これくらいなら出来ると組合の販売員も言っていたので、5枚頼んでみました)

しばらくして絵が完成したというので、ティンガティンガ組合に行ってみました。2月15日でした。絵の出来は素晴らしいものでしたが、何かこう、アモンデ師匠の体調が絵ににじみ出ている感じがしました。その時は「大丈夫なのかな」と思いましたが、やはりそれから3日後、2月18日にアモンデ師匠は逝去されました。

アモンデ師匠の訃報を聞いて、私は、「何とも畏れ多い作品を手にしてしまったものだ」と思い手が震えました。「この絵は普通には扱ってはいけない」と思い、帰国後、額縁職人に頼んで、重厚な額縁に入れて保管しました。

この5枚はアモンデ師匠の「最期の5点」(ラストピース)になります。タンザニアの現地では、氏が生前描いたものは、すべて売り切ってしまったので、もう氏の作品は入手できません。ヨーロッパでは、アモンデ師匠の作品は、既に1枚5,000ドルの値で取引されています。現在の相場観で、職人のハンドメイドの重厚な額縁に加工した「アモンデ」作品であれば、こちらはお買い得だと思います。

絵画コレクターの方、美術館関係者の方、会社経営の方、等に見合うお買い物になるかと思います。








































弊店は、ティンガティンガ組合が認定した公式ショップです。公式ショップなので、売り方も現地タンザニアとまったく同じです。作品は全て木枠張り加工をして、現地のティンガティンガの素朴な風合いをそのまま日本で再現することにこだわっています。
ティンガティンガ 巨匠 最期の作品