TOP > 学園の理念 > 学園綱領 人間たれ

2019-06-02
カテゴリトップ>録音・再生機器>PreSonus
PreSonus(プリソナス)デジタルミキサー『StudioLive 16』
【沖縄・北海道含む全国配送料無料!】
PRESONUS プリソーナス
Presonus(プリソーナス)

PreSonusは、マイク・プリアンプ、アウトボード、オーディオ・インターフェース、そしてソフトウェアまでも手掛ける総合ブランドです。


デジタルミキサー『StudioLive 16』
クラス最高峰のパワフルなデジタル・コンソール

StudioLive® シリーズIIIは、タッチセンシティブ・モーター・フェーダーとリコーラブルXMAXプリアンプを搭載した32ch/24ch/16chのデジタル・コンソール/レコーダー。多彩な機能を備えつつ、PreSonus®ならではの優れた直感性もさらに向上。ワークフローや操作をオーナーの方法に合わせてカスタマイズすることもでき、評価の高いサウンドもこれまで以上に際立っています。リデザインで一新したFat Channelプロセッシングにはビンテージ・スタイルのEQやコンプレッサ―を搭載し、内蔵AVBネットワーキング、SDカードへのオンボードCapture™ マルチトラック録音、Bluetooth音楽再生、ソフトウェア/アプリのコンプリート・スイートなど先進機能の数々を実装。約10年に渡る研究開発の結果を終結した第3世代のStudioLiveシリーズIIIは、ライブやスタジオでのミキシングおよびレコーディングを再定義します。


【主な特徴】
コントロール
●ワントゥーワン・ワークフローのタッチセンシティブ・モーターフェーダー(StudioLive 32:33系統、StudioLive 24:25系統、
StudioLive 16:17系統)
●カラー・アサイン可能なRGB選択ボタン
●トランスポート・コントロール
●すべてが新しいFat Channelコントロール:
 8 x スクリブル・ストリップ、エンコーダー、マルチカラー・ボタン
 カスタマイズ可能なユーザー・レイヤー
 7インチ・カラー・タッチスクリーン
●DAWコントロール(Studio One、MCU、HUI)対応予定

入出力
StudioLive 32
●トータル40入力
●32 x チャンネル入力:16 x マイク、16 x マイク/ライン
●1 x XLRトークバック・マイク入力、XMAXクラスAプリアンプ
●2 x ステレオAux入力
●16 x FlexMix出力:12 x XLR、4 x バランスTRS
●4 x TRSサブグループ出力
●アンバランス・ステレオ(RCA)テープ入出力
●Bluetooth™ 4.1ワイヤレス・テープ入力
●ステレオAES/EBUデジタル出力
●2 x XLR(L/R)メイン出力
●XLRメイン合算モノ出力
●2 x TRSモニター出力
●ステレオ・ヘッドフォン出力

チャンネルとバス
●32 x 入力チャンネル、リコーラブルXMAXクラスAマイク・プリアンプ
●2 x ステレオAux入力
●26 x バス:
16 x FlexMix(Auxミックス、サブグループ・ミックス、マトリックス・ミックスとして)
4 x 専用サブグループ
4 x 内部エフェクト・センド
ステレオ・メイン・バス
●24 x Filter DCA、チャンネル・グループを簡単かつ柔軟にコントロール

ネットワーク接続

●1 x Ethernetコントロール・ネットワーク・ポート
ダイナミック、セルフアサイン、マニュアルIPの各アドレス・モード
●1 x Ethercon AVBオーディオ・ネットワーク・ポート
●AVBソリューションのコンプリートなエコシステム、ステージボックスとパーソナル・モニター・ミキサー(2017年登場予定)

レコーディング
●内蔵34x34 SDレコーダー(Capture™ を使用)
●38x38 USBレコーディング・インターフェース
●55x55 AVBレコーディング・インターフェース

シグナル・プロセッシング
●すべてのチャンネルで直感的なFat Channelシグナル・プロセッシングが可能:
●設定のA/B比較
●ハイパス・フィルターと極性反転
●ゲート/エキスパンダー、サイドチェーン搭載
●コンプレッサー、サイドチェーン搭載
●入力に4バンド・パラメトリックEQ
●出力に6バンド・パラメトリックEQ
●リミッター
●各入力にディレイ
●各出力にディレイ
●プロフェッショナルにプログラムされたプリセット・ライブラリ
●各入力で使用可能なビンテージEQとコンプレッサ―・モデル
●パッシブEQ
●ビンテージEQ
●チューブ・コンプレッサー
●FETコンプレッサー
●8 x 31バンド・グラフィックEQ
●4 x 内部エフェクト・バス:モダンおよびビンテージ・オプションを伴うリバーブおよびディレイの組み合わせ
●内蔵リアルタイム・アナライザーとシグナル・ジェネレーター

メータリング/ディスプレイ
●7インチ・カラー・タッチスクリーン
●各チャンネルに入力メーター
●フルサイズFat Channelメータリング
●入力メーター
●ゲート・ゲイン・リダクション・メーター
●コンプレッサー・ゲイン・リダクション・メーター
●フルサイズ・ステレオ・メイン出力メーター

シーンとプリセット
●最大100シーンを作成、保存、編集
●シーン管理:シーン・セーフ指定の「セーフ」チャンネルに影響するシーン変更を防止
●チャンネル設定を作成、保存、編集、チャンネル間でコピー/ペースト
●高度なチャンネル・プリセット・オプションを保存および呼び出し:
●チャンネルの種類と名前
●入力設定(プリアンプ、+48Vファンタム電源、極性、パン)
●Fat Channel A/B設定
●バス・アサイン
●Auxおよびエフェクト・センド・レベルとパン
●選択ボタンの色
●8 x クイック・シーン

デジタル

●スタジオ品質のコンバーター(ダイナミックレンジ:115dB)
●解像度24-bit、48 kHzオペレーション(近日44.1kHz対応予定)

アクティブに統合されたソフトウェア

●UC Surfaceタッチ・コントロール・ソフトウェア(Mac®、Windows®、iPad®用)
●Studio One® デジタル・オーディオ・ワークステーション・ソフトウェア(MacおよびWindows用)
●Capture™マルチトラック・レコーディング・ソフトウェア(MacおよびWindows用)
●QMix®-UC Auxコントロール・ソフトウェア
(iOS® およびAndroid™ 用、Apple App Store、Google Play、Amazon App Storeにて無償配布)


StudioLive 32 StudioLive 24 StudioLive 16 デジタルミキサー presonus プレソナス PA機器 レコーディング 販売 価格



システム必要環境

UC Surface、QMix®-UC、Studio One® 必要環境

Mac

MAC® OS X 10.8.5 64-bit以降
Intel® Core™ 2 Duoプロセッサー(Intel Core i3以上推奨)
4GB以上のRAM(8GB以上推奨)

Windows
Windows® 7 x64/x86 SP1 + プラットフォームアップデート、Windows 8.1 x64/x86、またはWindows 10 x64/x86
Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon™ X2プロセッサー(Intel Core i3またはAthlon X4以上推奨)
4GB以上のRAM(8GB以上推奨)

MacおよびWindows共通

USB 2.0ポート
インターネット接続
内部または外部7200 RPMストレージ・ドライブを強く推奨
30GBのハードディスク容量
モニター(解像度1366x768以上)

iOS
iOS 9.3以降
iPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad mini 4、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad(第4世代)、
iPad mini、iPad(第3世代)、iPad 2

Android
Android™ 5.0(Lollipop)以降
Androidスマートフォンまたはタブレット
注:最小システム要件はStudio One以外のDAWをご使用の場合異なることがあります。
詳しくはご使用のDAWの説明書をご参照ください。

レコーディング・システム全体のパフォーマンスは、コンピューターのプロセッサー処理能力、RAM容量、ハードディスク容量/処理速度に大きく依存します。
またオーディオのレイテンシー(発音の遅延)は、システムの処理能力やRAM容量に左右されます。


【主な仕様】

電源端子 : IEC

入力電圧 : 90〜230VAC(±10%)

消費電力 : 85W

動作温度範囲 : 摂氏0˚〜40˚

サイズ
高さ : 165.36mm(6.51”)

幅:446.66mm(17.59”)

奥行き : 583.48mm(22.97”)

質量 : 10.5kg(23.15lbs)





PreSonus(プリソーナス)『StudioLive 16』
新たなステージへ進化した16in 12outデジタル・ミキシング・システム