TOP > 絖綽 > 絖膓演 篋咲

2019-06-14
カテゴリトップ>生産地>フランス>ブルゴーニュ>ヴォーヌ・ロマネ
エシェゾー グラン・クリュ レ・ルージュ・デュ・バ [2009] (メオ・カミュゼ)
Echezeaux Grand Cru Les Rouges du Bas [2009] (Meo Camuzet) 【赤 ワイン】
メオ カミュゼ MEO CAMUZET  - roymond.com
【ブルゴーニュの神様】アンリ・ジャイエの教えを受け精神を受け継ぐドメーヌ。現当主が、ブルゴーニュを代表する偉大なドメーヌとして確固たる地位を確立し、非常に入手が難しい造り手の一つとなっています。
 メオ・カミュゼの歴史は、1900年代初頭、コート・ドール県議会議員であり、ヴォーヌ・ロマネの生産者であったエチエンヌ・カミュゼ氏から始まりました。このドメーヌの特徴は何と言ってもその特級畑の質と量。所有する畑は【クロ・ド・ヴージョ】、【リシュブール】、【エシェゾー】、【コルトン】といったグラン・クリュ(特級)、プルミエ・クリュ(一級)やヴィラージュも素晴らしい畑ばかり揃ったドメーヌです。ヴージョ村とヴォーヌ・ロマネ村を中心に、4つのグラン・クリュ、6つのプルミエ・クリュを所有するブルゴーニュ屈指の名門ファミリーです。そして、メオ・カミュゼはブルゴーニュの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名。彼は元々ここの小作人だったのです。ジャン・ニコラ・メオ氏の時代からアンリ・ジャイエ氏のコンサルティングを受けるようになり、 風味の深さや果実味のインパクト等、酒質が向上しました。
 現在では、アンリ・ジャイエ氏に直接指導を受けたジャン・ニコラ・メオ氏が経営を担当、畑の仕事は、以前から小作人として働いていたクリスチャン・フロワ氏がこれまでの経験を活かしたアドバイスをしながら行っています。収穫は全て手摘みで、ほぼ100%除梗。アンリ・ジャイエの特徴である、【マセラシオン・ア・フロワ Maceration-a-froid(低温浸せき)】という醸造法を忠実に守ってワイン造りを行っています。グラン・クリュとプルミエ・クリュは100%新樽、その他は約50%の新樽比率で18ヶ月間熟成させ、ノンフィルターで瓶詰されています。

こちらの畑はエシェゾーの中でも上部の斜面にあり、畑の広さは約0.44ha。標高が高いため、東南東向きの日当たりの良い区画でありながらも、フレッシュさを感じとれるブドウが育ちます。ブドウ樹はもともと1940年代に植樹されたもので、2000年代前半に4分の1は植え替えられました。糖度と酸をふんだんに保持した小ぶりなブドウが成熟するため、しっかりとした骨格を持つ、極上のエシェゾーが生まれます。
 熟したレッドチェリーやブラックベリーなどの果実のアロマに、フローラルなニュアンスが加わる美しい香り。繊細な口当たりで、凝縮した果実味が口の中で弾け、しなやかなタンニンと綺麗な酸、スパイスを思わせる複雑な余韻が持続します。他のグラン・クリュよりも比較的若いうちから楽しむことのできる、妖艶なスタイルが魅力です。

*商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。
≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方

■Information
●生産国フランス
●地域ブルゴーニュ地方 / コート・ド・ニュイ / ヴォーヌ・ロマネ村
●ブドウ品種ピノ・ノワール 100%
●タイプ赤・フルボディ・辛口
●醸造・熟成
●内容量750ml
●オーガニック等の情報ビオディナミ
●コンクール入賞歴 
●ワイン専門誌評価 
●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。
●備考【*ご注文の前にご確認ください*】
●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。
●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。
●注文個数によりお届け日が変わることがあります。
●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。
●輸入元sora

メオ カミュゼ フレール エ スール MEO CAMUZET Frere et Soeur - roymond.com

メオ カミュゼ フレール エ スール
MEO CAMUZET Frere et Soeur

Meo Camuzet メオ・カミュゼ

ブルゴーニュの神様【アンリ・ジャイエ】」からワイン造りを学んびエスプリを受け継いだジャン・ニコラ・メオによる名門ドメーヌ!超一流、本物のブルゴーニュを味わいたいなら【メオ・カミュゼ】です!!

神様アンリ・ジャイエが育てた、ブルゴーニュ屈指の名門!

 メオ・カミュゼの歴史は、1900年代初頭、ヴォーヌ・ロマネの生産者でありコート・ドール県議会議員でもあった、【エチエンヌ・カミュゼ Etienne Camuzet】氏から始まりました。 このドメーヌの特徴は何と言ってもその特級畑の質と量。ヴージョ村とヴォーヌ・ロマネ村を中心に【クロ・ド・ヴージョ】、【リシュブール】、【エシェゾー】、【コルトン】という4つのグラン・クリュ、6つのプルミエ・クリュを所有するブルゴーニュ屈指の名門ファミリーです。メオ・カミュゼの所有する区画はグラン・クリュの中でも抜群の立地。クロ・ド・ヴージョはシャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョの真下に位置する絶好の区画にあり、エシェゾーは畑の最上部に位置しています。リシュブールは最上部のリュー・ディ、ヴェロワーユになんと1haという広さの土地を所有。唯一コート・ド・ボーヌにあるグラン・クリュ、コルトンはラドワ・セリニー側にある【ル・ロニェ・エ・コルトン】の南に位置し、メオ・カミュゼのモノポールとなっています。
 そして、もうひとつのモノポールがオート・コート・ド・ニュイの【クロ・サン・フィリベール Clos Saint Philibert】。開墾から手掛けた、メオ・カミュゼが唯一所有する白ワインの畑です。クロ・サン・フィリベールの畑はエシェゾーから330mほど斜面を登ったところに位置しており、オート・コート・ド・ニュイというアペラシオンにも関わらず、高い品質を体現しているところは流石はトップドメーヌ。赤ワインの造り手として有名なメオ・カミュゼですが、1万円以下で手に入るこのモノポールの白ワインは、実に見逃せない銘柄です。

ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏の技を継ぐ、忠実なワイン造り。
 【メオ・カミュゼ】は、ワインの神様と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏がコンサルタントを務めていたことでも有名です。1989年から醸造を担当する【ジャン・ニコラ・メオ氏】はアンリ・ジャイエ氏に直接指導を受けた数少ない人物のひとりで、その指導のおかげで、風味の深さや果実味のインパクト等、メオ・カミュゼの酒質は向上しました。現在も、ジャン=ニコラ・メオ氏が経営を行い、畑の仕事は、以前から小作人として働いていたクリスチャン・フロワ氏がこれまでの経験を活かしたアドバイスをしながら行っています。
 収穫は全て手摘みで、ほぼ100%除梗します。アンリ・ジャイエ氏の特徴である、【マセラシオン・ア・フロワ(低温浸漬)】という醸造法を忠実に守りワイン造りを行っています。ブドウのジュースに果皮などを浸し、純度やフレッシュ感を保つ為に果実の要素を抽出する浸漬という工程を非常に低温で行います。またグラン・クリュとプルミエ・クリュは100%新樽、その他は約50%の新樽比率で18か月間熟成させ、ノンフィルターで瓶詰します。『 毎年自然によって生みだされる土壌や気候、土地の特徴を最大限に表現すること』を哲学とし、人が手を加えることで、ブドウが本来持っている自然の良さをなくさないよう、生きている成分を考慮することに細心の注意を払っています。

テロワールが如実に表れた、真のブルゴーニュ愛好家必飲のワイン!
 マスター・オブ・ワインの【ジャンシス・ロビンソン女史】も「テロワールの表現が豊かな、真のブルゴーニュ愛好家のためのワイン」と述べています。メオ・カミュゼが誇る極上のテロワールを味わうこの機会を、是非お見逃しなく。

北はマルサネからニュイにいたるまで10に上るアペラシオンの生産をおこなっていて、ドメーヌものを手に入れるのが非常に難しくなってしまった現在、この【メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール Meo Camuzet Freres et Soeurs】はファンにとって非常にありがたいラインナップす。