TOP > 学園の理念 > 学園綱領 人間たれ

2019-05-11
カテゴリトップ>手元供養>ミニ骨壷>木製
きわみ 蒔絵 『春秋流水』 【ミニ骨壷】最高級の職人の技が光る、心と技を込めてしつらえた本漆のミニ骨壺。【Soul PetitPot ソウル プチポット】【送料無料】【手元供養】[骨壺 仏具 ミニ骨壺 供養]【メモリアルアートの大野屋】
■商品詳細 いつもそばに、いつまでも一緒に。
そんな大切な人への想いを納めるために
心と技を込めてしつらえたミニ骨壺。

大切なものを納めておくために古来より使われてきた漆は、 英語で「JAPANジャパン」と呼ばれ、 世界的に認められた日本古来の伝統工芸。
漆が持つ塗膜は耐水性、防腐性に優れ、 その表面は時が経つ程、味わいを深めていきます。
400年以上の歴史を誇る石川県加賀 山中漆器の伝統と技を、 惜しみなくつかってひとつひとつ手作りで仕上げるちいさな骨壷。
季節の移り変わりや四季の花々の蒔絵や螺鈿が、 大切な人を包み、暮らしを彩ります。
遺骨を納めるためのきめ細かな気遣いと、漆工芸の粋の数々。
大切な方とそれを想う方を永久に結ぶ心を尽くした絆です。


春秋流水(しゅんじゅうりゅうすい)
流水に配した色鮮やかなさくらと
もみじが映し出す春秋の時のうつろいに
美しい螺鈿の花びらがひときわ強く輝きます。
内蓋の裏に描かれた、流水にさくらともみじが、
大切な人をやさしく見守ります。

螺鈿 (らでん):漆器の装飾技法のひとつで、貝殻の内側の虹色光沢部分を細かく切り出して漆地の表面にはめ込む技法。

材質木地:水目桜、本漆、
本金蒔絵、螺鈿
サイズ本体 高さ77.5mm 直径54mm 口径40mm
重量 74g 
絵柄
付属品書家による手書き銘入り桐箱 

小松綸子の遺骨袋 
■お届けご入金・メッセージ確認後(代引きは受注・在庫確認後)、製作期間として4週間を申し受けます。
■備考・1点1点手作業で製作をしています、模様の出方には個体差があります。また、色の再現には細心の注意を払っておりますが、画面上の色味と実物が異なる場合があります。あらかじめご了承下さい。

・ミニ骨壺は天然木の為、素材が収縮します。 開閉時の誤差は予めご了承下さい。

・ご遺骨はお客様の手で大切にお納め下さい。

・オプションとして、中蓋にも文字入れが可能です。
お好きな言葉やお名前、没年月日などを平極金(ひらごくきん:純金の塊を削った金)を使ってお入れします。(25文字まで)
注文時にお申し付けください、後ほど金額を訂正いたします。


お仏壇へのお供えにもお使い頂けます。 
■ラインナップきわみ 蒔絵『さくら』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『春秋流水』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『なでしこ』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『梅景色』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『花づくし』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『花丸紋』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『花おうぎ』 【ミニ骨壷】
きわみ 蒔絵『梨地四季彩花』 【ミニ骨壷】

ご遺骨などを扱うとてもデリケートなお品につきまして、 お伝えしたいことをまとめました。手元供養の栞

【骨壺】【骨壷】【手元供養】【ミニ骨壷】【漆工芸】【多田桂寛】【山中漆器】【蒔絵】















「きわみ蒔絵シリーズ」で使われている漆芸技法や、絹織物(遺骨袋)についてご紹介します。


■高蒔絵 (たかまきえ)紋様部分を漆などで高く盛り上げる蒔絵技法。
■螺鈿 (らでん)漆器の装飾技法のひとつで、貝殻の内側の虹色光沢部分を細かく切り出して漆地の表面にはめ込む技法。
■金平目 (きんひらめ)純金の塊をつぶした粗い金を均一な厚さにしたもの。
■金梨子地 (きんなしぢ)純金の塊を削り出した金。蒔絵で使われる中でも最高のもの。
■本漆 (ほんうるし)国産の生漆を精製した希少性の高い漆のこと。
■彩漆 (いろうるし)漆に顔料を混ぜて色を出したもの。朱漆、黄漆など。
■金蒔絵 (きんまきえ)金をつかった蒔絵。
■卵殻蒔絵 (らんかくまきえ)蒔絵で白色を表現するために卵などの殻を細かく割り螺鈿のように漆面に貼る技法。
■平極金(ひらごくきん)純金の塊を削った金。
■小松綸子 (こまつりんず)石川県小松市に伝わるなめらかで光沢がある絹織物。


最高級の職人の技が光る、心と技を込めてしつらえた本漆のミニ骨壺。
【Soul PetitPot ソウル プチポット】
【送料無料】【手元供養】