TOP > 学園の理念 > 学園綱領 人間たれ

2019-07-07

●【吉村織物】
特選西陣織袋帯
〜ぬれぬき〜
「アール・ヌーヴォー 横段模様」
≪さり気なく込めた、愛らしさ…≫
絹100%(金属糸風繊維除く) 長さ4.35m(お仕立て上がり時)
西陣織工業組合証紙No.286 吉村織物謹製
耳の縫製:かがり縫い ※おすすめ帯芯:綿芯 ◇六通柄
値引き交渉対象品。
090-4643-7630 or 0120-337-008 にて受付中!!!


◆最適な着用時期 10月〜5月(袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン 観劇、コンサート、お食事会、カジュアルなパーティーなど。

◆あわせる着物 洒落ものの訪問着、付下げ、色無地、小紋

西陣の帯問屋さんの間で通称「吉織(よしおり)」と呼ばれる
老舗機屋「吉村織物」。
玄人好みであり良い品を造る帯屋さんとして有名です。

吉村織物さんは、
近年西陣でも、自社で織らない出機(でばた)形式になっていくなか、
しっかりと自社工場を持ち、内機(うちばた)で織り手さんと
コミュニケーションをとりながらこだわりの創作を続けておられます。

その「吉村織物」さんより、味わいある意匠がぬれぬきの技法を用いて織り出された、素敵な袋帯をご紹介致します。
どうぞご覧下さいませ!


今回ご紹介する袋帯は、緯糸(よこいと)を水にひたしながら織り上げてゆく「ぬれぬき」の技法を使ったもの(夏物の高級品によくつかわれる技法です)で、唐絹のような、しっとり、かつ軽やかな独特の地風が完成されます。

お色目はシックな焦茶色。
地紋には、小さなお花や音符などを愛らしい印象で浮かべ、
その上に曲線の柔らかい印象でアール・ヌーヴォー調の「横段」を織りなしました。
同系の濃淡で表した意匠に、あくまでもさり気ない趣味性が込められた印象です。

なんとも洗練された意匠センス、色彩センスは、見るものをハッとさせる魅力に満ちています。

その軽やかな締め心地はどのような方にも自信をもっておすすめできるものです。

カジュアル訪問着、色無地、付下げ、小紋、そして本結城や大島など格のある織りのお着物まで、幅広いコーディネートでお楽しみ下さい。
お茶席などにもこの上なくぴったりのひと品です。

どうぞお見逃しないよう、存分にご活用下さいませ!
袋帯のお仕立てはこちら
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯つきお仕立て)
撥水加工をご要望の場合はこちら
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[2G122812]-[TP:入江]-[PS:入江]-[CH:木村ひ]-[文責:吉岡駿]-[1215018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。